息子育児中につき現在進行形のリアル育児ネタあります

ママの素(もと)

離乳食

離乳食に必要なもの。調理器具編。いるいらないを仕分けしました!

投稿日:2018年4月3日 更新日:

LINEで送る
Pocket

離乳食を始めるために必要なものの記事の3つ目は調理器具編です。離乳食作りは最初は右も左も分からない状態ですよね。その状態で調理器具を揃えるのってなかなかハードルが高いいので、そのせいか調理セットなるものを買ってしまいがちです(私はまんまと買った人です(笑))
でも少しだけ考えてみてください…たった数ヶ月の離乳食のためにその調理器具本当にいりますか?

うちはもう完了期に入っているので面倒な裏ごしなどは終わってるので実際に使ってみて何が必要だったのかをお伝えしますね。

ちなみに離乳食を作るにあたって必要なものについての過去記事はこちらになります。
離乳食に必要なもの。食器編(スプーンやお皿など長く使えるアイテムの紹介です)
離乳食に必要なもの。保存容器編(冷凍ストックで使う保存容器でおすすめなものの紹介です)

スポンサーリンク

離乳食調理キットは本当に使えるの?

おそらく8割以上の方が購入する離乳食調理キットですが実際に使うのかどうかを簡潔にお答えすると「使えはします」が私の答えです(笑)
そうなんです。確かに使えはするんですが便利かと言われるとそんなことはないですし、本当の離乳食初期の初期でしか使えなかったりします。
理由は器具の大きさが小さいからです。赤ちゃんの食べる量が増えていくとストックは大量生産になりますしそうなると実際に普通に使っているキッチン用品で置き換え可能なんですよね。

私はこんな感じのセットを買ったのですがこの中で使ったのはすり鉢とすりこ木、裏ごし用の網のみでした。
すりおろし器はお麩を細かくするときに数回使いましたが果汁を絞るものに至っては1回も使っていません(笑)
昔は離乳食前に準備として果汁をあげるという習慣があったみたいですが今はそれはやらなくてよいこととなってるのでなぜついてるのかは今も謎です。

すり鉢とすりこ木はこの調理キットの中では使った方だと思うのですが、家にある方はわざわざこの小さいサイズを買って離乳食用にする必要はもちろんないので持っている方は不要なんじゃないかと思います。

裏ごし用の網は一見便利そうに見えますが…これ小さいんですよね。毎食調理したての離乳食を!という意識の高いママはこの大きさがちょうどいいと思いますが私みたいにできる限り楽に準備したいずぼらなママには向きません(笑)
食べる量が増えてくるとこの小さな網では茹でた野菜を何度もこさなければいけなくて余計に手間がかかります。
そして網が小さいので受け皿もお味噌汁のお椀くらいものしかつけられなくて一度に大量に作るのには向いてないんですよね。

というわけで、離乳食の調理器具は大は小を兼ねる!が答えな気がします。

実際にやってみて大量に裏ごしするときは普通のザルが一番使いやすく効率的でした。裏ごしの仕方と裏ごしに適したザルの紹介はこちらの記事で詳しく解説しておりますのでご覧いただければと思います。
離乳食の裏ごしを大量に作るために必要な調理器具はザルのみ!

お粥クッカーはあると便利?

炊飯器に入れて大人のごはんと一緒にお粥が作れるタイプやレンチンでお粥が作れてしまう優れものの調理器具です。
大人用のごはんで毎日お米を炊いてる人にはとても便利な調理器具なのでぜひ買って赤ちゃんのお粥も同時に炊いてあげてくださいね。

でも大人ごはんで毎日お米を炊かないでまとめて炊いて冷蔵や冷凍している人はこれはいりません!(笑)
炊飯器にお粥モードはほぼついているかと思うんですがお釜には離乳食用の少量の目盛りなんてついていないですが10倍粥でも5倍粥でもお米と水の分量さえ合っていれば簡単に炊飯器のお粥モードでお粥は炊けます。
なのでお粥クッカーを使ってお粥を作る必要もないですし鍋でお粥を作ることもしなくでOKです。
毎日炊かない派のママは炊飯器で一度にたくさん作って製氷皿やフリージングトレイに小分け冷凍&レンチンで楽をしていきましょう!

ブレンダーは買うべき?

これは裏ごしの記事でも書いているのですが将来的にブレンダーを使う料理をするかもと思っている方は買いだと思います。
私は買わなかったのですが繊維の多い葉物野菜の裏ごしやすり潰しは想像以上に手間で力作業です。ブレンダーでがー!っと滑らかにできたらそれはそれは楽だったと思います。

我が家は離乳食初期の頃、昼間は息子がママに甘えモードだったので息子が寝た後に離乳食の仕込みをしようと思ってる方は寝室が近いとブレンダーの音で起きてしまったりすると思うのでそのあたりは少し考えてから購入をされた方がいいかもしれません。

離乳食用の小鍋はいる?

初期と中期の頃はあまり必要ないと思いますが後期からの味付けが始まる頃にはあるととても便利です。おすすめは蓋がついているタイプのもの。
蓋がついていると卵料理や肉や魚に火を通すときも蒸し焼きにできるので安心ですよ。家にソースパンがある方はそれで代用可能だと思います。ない方はソースパンとして使えそうな大きさの小鍋を買うと長く使えます。

例えば野菜ストックを冷凍保存してあってそれをスープにしたいときに冷凍野菜した野菜を鍋に入れて水を入れて煮てしまえば時短でスープができますし、大人のごはんを作っている工程で味付け前のものを取り分けるときにさっとこの小鍋に移してしまえば大人と子供の味付けを別の鍋ですることができます。

うちでは大人3人分の分量で料理を作って1人分を離乳食用に取り分けて薄味に味付けておかずとして小分けにして冷凍しています。
そういうときに小鍋があると大人と子供の分の味付けが同時進行でできるので調理しやすく大人ごはんと離乳食を同時に完成させられるので時短になりますよ。

まとめると小鍋は通常の鍋で代用可能だけどあると離乳食を効率的に作ることができるのであった方が断然便利!です。

あと意外と使えるのは卵焼き用のフライパンです。
この小鍋でも焼いたり炒めたりもできなくはないのですが深さがあるので若干使いにくいんですよね。なので私は炒め物の献立の日は卵焼き用のフライパンを離乳食用に使っていました。これも蓋があるので火も通しやすいですよ。

卵焼き用のフライパンで卵を焼いて野菜煮と混ぜて火を通してオートミールに乗せるだけの時短で栄養たっぷりな朝ご飯がうちの定番なんですがこれを作るときもレンチンだけよりも素早くできるので重宝してます。

まとめ

まとめてみると一番使える離乳食用の調理器具はすり鉢とすりこ木な気がします(笑)でもブレンダーを持っている方はこれすら不要ですよね。
少量の食材の下処理をする初期に頃に便利な調理器具はすぐ使わなくなるものばかりです。買う前に一度代用できるものがないかこの記事を参考に調べてみてくださいね。

スポンサーリンク

-離乳食

Copyright© ママの素(もと) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.